AGAの原因と治療

M字ハゲの男性

AGAの原因は、すべてが明確にわかっているわけではありませんが、男性ホルモンであるテストステロンの働きで育毛が抑制されることはわかっています。

ただ、一つの原因だけに絞り込むことは、個人差もあるために現実にはできません。 AGA専門クリニックなどでは、症状を詳しく検査することで、その人に合った治療の効果を高めるようにしています。

AGAの原因として、食生活の乱れや、ストレスも要因と考えられていますが、規則正しい食生活を心掛けて、ストレスをためないようにしてもAGAが改善されるわけではありません。

ただ、頭皮の状態が悪いことが、髪の毛の成長に良いはずもありませんので、まずは健康的な生活を送るように心がけましょう。
タバコは体に良いことは何もありませんが、さらに、喫煙をやめると薄毛が抑えられると言われています。
また、頭皮に湿疹などができている場合には、かゆみが我慢できずに掻いてしまうことで頭皮を痛めるとともに、フケが原因で薄毛になることがあります。
これは、AGAとは原因が別ですが、薄毛には変わりがありませんので、皮膚科に行って薬を処方してもらいましょう。

AGAの治療は、皮膚科や最近ではAGA専門のクリニックなども多くなってきましたので、病院に行くことがまずは選択肢の一つになりますが、まずは医薬部外品の育毛剤などを試してみることも髪や頭皮に良いことはあっても悪いことはありません。


このページの先頭へ