AGAと年齢

生え際が後退した男性

年齢とAGAはあまり関係がありません。

成人となった20歳くらいからは、いつAGAになってもおかしくないと言われていますし、実際10代でも薄毛に悩んでいる人もいます。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが還元酵素と結びついてGHTに変化することが大きな原因と考えられていますが、テストステロンは成長期には筋肉や男性器の成長に欠かせないもので、年齢とともに減少していきます。
テストステロンが減少すると、さらに効率が良いGHTに変化させることで減少分を補うようにしますので、GHTの量が増え作用が大きくなり薄毛になると考えられています。
GHTが毛母細胞に影響を与えると、毛髪の成長サイクルが極端に短くなり、育つよりも抜ける方が増えてしまうわけです。

つまり、抜け毛を防ぐことも重要ですが、髪の毛が健康に力強く正常なサイクルで生えてくるようにすることが最も重要であり、AGAの治療については原因を正しく診断して対策をすることになります。

AGAであるかどうかを調べるためには検査を病院で受ける必要がありますが、自分で簡易的に検査できるキットも販売されています。


このページの先頭へ