AGAの薬

AGA治療薬

AGAの治療薬は、日本では2種類しかないと言って間違いはありません。
病院でも処方される薬は決まっています。

病院で処方される内服薬はプロペシアしかありません。
医薬品として厚労省から認可されたものですから、医師の処方がなければ入手できません。

プロペシアにはフィナステリドと呼ばれる物質が含まれていますが、フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬でした。
フィナステリドの患者への投与で、AGAに効果があることがわかったためにAGA治療薬として改良され販売されています。

フィナステリドの薬効から、すべての人がプロペシアを服用できるわけではありません。特に女性が服用することは禁忌で、割れた錠剤を触ることだけも禁止されています。

フィナステリドが男性ホルモンのテストステロンの働きを抑制することから、特に男児を妊娠をしている女性は割れた状態の錠剤に触れただけでも男児の成長に悪影響があると言うことです。
割れていなければ、表面にはコーティングがされていますので、触れるだけであれば問題はありません。

AGAの外用薬としてはミノキシジルがあります。
これは薬局で購入できる薬品で、日本ではリアップとして売られています。

ミノキシジルは、もともと高血圧症の薬として開発された血管拡張効果のある薬で、血流がよくなることで発毛の源である毛母細胞を活性化させます。
元は内服薬でしたが、現在は外用薬が主流となっています。


このページの先頭へ